スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山康晴名局集




を買ったのですが、これすごいいいですね。
天野宗歩手合集に関して言えば、全部並べて3回くらいは回したので、宗歩の手に対して違和感を覚えることはあまりなくなったのですが、大山先生の手はすごい新鮮でした。

まぁいってもまだ20局くらいしか並べてないのでなんともですが、まったく予想外の手を中盤の入り口くらいでよく見かけます。美しいという感じではないかもしれませんが、とにかく強さが伝わってきて並べるのがすごい面白い。

もしかしたら大橋宗英もこんな感じの棋風なのかも。

将棋体系の大橋柳雪とこっちのどっちを買うか悩みに悩んだ末にこちらを購入したのですが、これはかなり満足です。(やっぱり江戸時代の将棋だけじゃなくて昭和の特に大山先生の将棋は並べたくて仕方がなかったので)
スポンサーサイト

センター試験

いやーお久しぶりです。

センターも終わってほっと一息ついております。

センター試験結構難しかった・・・数学1/A80切ったの初めてだ・・・

とういうわけで結果報告

数学1A 70
数学2b 84
英語 171
国語 171
物理 95
化学 82
倫政 55

全体的に見ると国語に救われた感じです。


いやー国語波が激しかったから、不安だったんですが割りと満足できる点数でした。
あと英語と化学が意外と足を引っ張ってくれました。
たしかに今考えると勉強不足だった・・

1Aについては本当にやらかしたっていうか純粋に力が足りなかった・・そして試験が難しかった・・・
あんなの焦るに決まっている。第二問でちょっと時間使いすぎて、第三問で時間使いすぎて、第四問を適当に終わらせるというパターンでした。

っていうか倫政お前なんだよ。世界史受ければよかった・・・・・・

バンザイシステムで調べた結果一応志望校の志望学部のボーダーは超えていたのでそのままいこうと思います。


外山 恒一



今までで一番爆笑したかもしれない。

伝説のNHK杯



爆笑した。

↓元ネタ



完コピですね。
体の揺れ、セリフを噛む、完璧です。

メガネ



メガネを定位置に置かないでに寝るために、起きたときどこにメガネがあるのかわからない現象を最近度々体験する。
しかもメガネかけていないから、どこに何があるのかよくわからなくて、当然メガネも見つけられない。
でも寝る寸前ってなんの気なしにメガネを何処かに置いちゃうからなー
なかなかこの習慣は直せない。

泣き虫しょったんの奇跡




中学選抜選手権で優勝した男は、年齢制限のため26歳にしてプロ棋士の夢を断たれた。
将棋と縁を切った彼は、いかにして絶望から這い上がり、将棋を再開したか。アマ名人戦優勝など活躍後、彼を支えた人たちと一緒に将棋界に起こした奇跡。
生い立ちから決戦まで秘話満載。


内容が瀬川晶司という特殊な経歴を経てプロ棋士になった人の人生を振り返っているわけですから、感想は一言では表せないです。
文章がうまいからなのか臨場感があって、小学生時代のライバルとの話はかなり面白いし、逆に奨励会三段時の話は読んでいて結構心臓痛くなります。

「君はまだ人間じゃないから、笑ってはいけない」
とある棋士が奨励会員にいった言葉らしいですけど、これってただ単純にその棋士が冷酷だったといわけじゃないんだ、と思いました。


流星刀

流星刀(りゅうせいとう)は、鉄隕石を使用して鍛えた刀の称である[1]。日本では明治時代に製作されたものが知られている。鉄隕石を使用して製作された刀剣は各国にも見られる



欲しい

格好良すぎる。なんかもうFFの世界だよ。
体積の割に重いらしいです。切れ味とかどうなんですかね。
流星刀の日本刀・・・


銀河戦

昨日、囲碁将棋チャンネルにて特別番組みたいな感じで(多分再放送)、里見香奈奨励会初段と渡辺銀河の対局をやっていました。
すごい面白い戦いでした。

渡辺明竜王といえば、最強候補の一人にも数えられる棋士だと思いますが、途中まで里見さんが圧倒していて、必勝形に持ち込んでたんです。持ち時間以外のハンデはないので、かなり驚きました。


ただ渡辺竜王の粘りが物凄くて、妖しい飛車打ちから持ち駒を使わせて、猛攻を凌ぎ自分に手番が回った瞬間、一気に寄せきっていて格好良かったです。

あー録画しとけばよかったな。

なんか渡辺さんって、ボナンザとの対局の時といい、絶対に負けられない戦いで矢面に立たされること多いですよね。
しかも、どちらも劣勢の状況から終盤力が鬼のソフト、里見さん両名から逆転勝ちしているっていうのが、凄まじい。


↑ここから勝つって凄すぎる。(後手渡辺銀河)

サラの柔らかな香車



プロ棋士の夢が破れた男と、金髪碧眼の不思議な美少女が出会う。彼女に将棋を教えるといつしか奇跡的な才能が開花する…。「天才とは何か?」厳しくも豊かな勝負の世界を生き生きと描き出す快作。第24回小説すばる新人賞受賞作。



作者が元奨励会に所属していたということもあって、わくわくして読みました。
お世辞にもうまい文章ではないです。
それに無駄とまではいかないけど、単純に作者が書きたかっただけ、という部分もあるように感じました。

でも魅力的な部分もあって、内容そのものは(特に中盤から)楽しめました。
精緻な文章を期待するのではなく、新人の持つ勢いを楽しもうという姿勢で読めば楽しめます。

筆力上げてからもう一回将棋の小説書いてほしいなぁ。



将棋・囲碁チャンネルが10月から24時間放送になるってことを知ってテンションが上がりました。
なんて英断。土日はテレビに張り付くぜ。

残暑

今日暑かった・・・・
あれ最近寒くなってきたとか思っていたのに、ただの勘違いだったかな。

なんと気温28℃でしたよ。
熱中症になるんじゃねぇかとおもいました。
9月もまだまだ油断できないですね。


信長の野望 統一

いやー全国統一しました。
寝る間も惜しんでコーヒー片手に統一してました。超しんどかった。
いいもんですね、全国統一って。

信長誕生からやりまして、明智光秀とか途中でみしるし頂戴いたしたりして、なんとか信長で統一できました。
多分、織田家は難易度そこまで高くないんだろな。
有能な臣下が次から次にやってきたし。

本願寺との確執が凄かったです。
もう途中から本願寺顕如の顔グラを見るたびにイラッとしてました。
寺勢力と仲良くしたいのに、本願寺家とぶつかるたびに、関係が険悪になっていく始末・・・

トヨタT100

トヨタt100

MTVの車改造する番組かな・・・

これ笑い物だってレベルじゃねーぞ。なにシレッと公道出てんだよwww

黄巾の内乱



これ面白そう。
でも完全に自己申告制ですよね。序盤なんて特にそんな感じ。

昔の合戦って感じです。

信長の野望

信長の野望っておもしろいですね。
気付けば朝になってました。


コーエーから出ている三国志シリーズもやってみようかなぁ。


profile

ASA

Author:ASA
FLAT LANDへようこそ
ゆっくりしていってください

最新記事
comments
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。