スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラサイト・イブ 読了

生化学者の妻が、不可解な交通事故死を遂げた。夫は妻の死を受けいれられず、肝細胞を“Eve1”と名づけ培養する。徐々に恐るべき性質をあらわす…。人間という種の根幹を揺るがす物語。



あらすじ見たときの印象としては、明らかに主人公はぶっとんでいる、というものでしたが、途中からまともな常識人であることが発覚します。

代わりに、ストーリーそのものが途中からぶっ飛んでいくので、そこまで違和感は感じませんでした。
環境が余りに異質なものであるならば、少々病んでいるくらいでは世界の進行についていけないのかもしれません。

この作品ってSFものなのかもしれませんが、その定義の中に納めなくてもいいような気がします。
というか、クトゥルフ神話的な宇宙的恐怖ものとして扱ってしまった方が個人的に面白かったように思います。
実際、途中までは主人公は狂人のまま、新世界の父として君臨するんじゃないかと思ってました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

ASA

Author:ASA
FLAT LANDへようこそ
ゆっくりしていってください

最新記事
comments
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。