スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一目の詰み筋



自分の終盤力(の無さ)は何に起因しているのか考えてみたら、詰め将棋をほぼ解いていない、という事実に直面した。
なので、簡単そうな詰め将棋の本を完璧にしようと思いこれを買った。


1,3,5,7手詰めが合計768問。
正直詰め将棋の本ってこれ以外では1冊しか持ってないけどこの問題数は尋常ではない気がする。
5手詰めまではタイトル通りほぼ一目って感じだけど7手は時間かかった。
問題は簡単なの多かったけど、量があれだったので満足です。
少しは終盤力に磨きが掛かったと信じたい。

初級編ってあるので、いずれは中級、上級と出るのかな?
でも東大将棋が作成したということは、ソフトが作ったっていうことですよね。
単純に手数が掛かるだけでなく、体感的な難易度はあげたほうがいいような気がします。
あれ、でもそれだと一目の、じゃなくなるぞ。


一目の詰み筋 上級編 13,15,17,19手詰めとか激しく矛盾している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

ASA

Author:ASA
FLAT LANDへようこそ
ゆっくりしていってください

最新記事
comments
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。